家族や社会の安全を守るための技術|防犯カメラの最新事情

自分と暮らしを守ってくれるアイテムを使用しよう

電池式のカメラ

レディ

住宅の外に防犯カメラを設置する場合、電源工事をしなければならないこともあります。しかしワイヤレスであればその必要もなく、リーズナブルに設置できるので、これを活用し住宅でも十分な防犯ができます。

もっと読む

設置してもらう

家の玩具

見つからない場所に設置しなければいけない監視カメラですので、しっかりと対応してくれるセキュリティ会社などに設置を依頼するようにしましょう。素人が行なうよりも効果的に監視することができるようになります。

もっと読む

気軽に設置

映像

アプリで映像が確認できるネットワークカメラも販売されているため、気軽に監視カメラや防犯カメラとして使うことが可能になっています。ペットを見守るためのツールとしても最適です。

もっと読む

犯罪を抑止

防犯カメラ

住宅やオフィス、店舗を犯罪から守るために防犯カメラは設置すべきだとされています。カメラに動画として記録することができれば、空き巣が入った場合にその犯人の顔と姿を記録できるため、逮捕できる確立が上がるというのが一番の目的です。しかし、それだけではなく、防犯カメラを設置しているだけで犯罪の抑止に貢献するという結果も引き出すことができるのです。こういった効果もあるので、小さな子どもや高齢者がいるような一戸建てには設置しておいた方が良いですし、万引きが多発するコンビニでも設置していると犯罪を犯す人を未然に減らせるのです。一人暮らしの女性が多く入居するマンションではこういった防犯カメラは今や必ず設置されています。入居希望の方も防犯カメラの有無を入居検討の材料にするといわれているのです。

単に抑止のために置いてあるところもあれば、反対に高度な技術を搭載した防犯カメラも存在します。最近は映像技術の進歩も飛躍的ですので、重要なシステムを管理しているような企業はこれを導入しています。フルハイビジョンで録画を行なっているものなら、人の顔は鮮明に写りますし、たとえ遠くに写って見えにくかったとしても画像処理で顔を鮮明にすることができる技術もあるのです。このようなフルハイビジョンのカメラは駐車場のような広範囲の場所を監視するのに役立っています。中には赤外線照明を搭載したものもあります。赤外線は光がない場所でもものをくっきりと映し出すので、暗い場所でもしっかり証拠映像を残すことが可能です。