設置してもらう|家族や社会の安全を守るための技術|防犯カメラの最新事情

家族や社会の安全を守るための技術|防犯カメラの最新事情

作業員

設置してもらう

家の玩具

防犯カメラと監視カメラでは何が違うのかというと、防犯カメラは分かりやすく見やすい場所に設置されていることもあるのに対して、監視カメラは気づかれないようにカモフラージュまでして設置されているものだということです。防犯カメラがあったとしても残念ながら犯行に及ぶ人もいます。そういったときに確実に証拠を掴むために、隠されて設置されているのです。カメラがあると分かったところには誰も近づきません。しかし、知らずに設置されていれば油断して顔かたちが見えるように映る可能性もあるのです。そんな性質があるため、監視カメラは顔が移りやすい場所に設置されていることが多いです。気づかれないように設置するのは大変難しいことでもあるので、必ずプロに作業してもらいましょう。

監視カメラはホームセンターやカメラを扱うお店でも購入可能となっていますが、セキュリティ会社なら目立ちにくい場所にカメラを設置するプロですので、頼りにすることができます。こういったプロはわざと目立つ場所にカメラを設置しそのカメラに意識を向けさせ、監視カメラを目立ちにくい場所に設置し確実に証拠を映し出すといった技術を駆使して設置していきます。素人が設置して気づかれるよりは効果が望めますので確認しましょう。取引実績の多い会社に頼めば信用もあります。取引している会社を一覧として実名で出しているセキュリティ会社もありますので、そういった会社に監視カメラの設置を頼むといいです。